7月25日から開催(決勝レースは28日)される「2018-2019 FIM世界耐久選手権シリーズ最終戦”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会」において、川崎重工直系のファクトリーチームである「カワサキレーシングチーム」の参戦が発表された。

近年の鈴鹿8耐では、カワサキモータースジャパンが運営するTeam GREEN(チームグリーン)が
2014年から本格参戦を開始、2016年と2017年に2位を獲得している。1993年以来の優勝(スコット・ラッセル/アーロン・スライト組)の期待がかかった2018年は、スーパーバイク世界選手権(WSBK)を連覇中のジョナサン・レイらを起用、ポールポジションを獲得するなどの速さを見せ、決勝でもスリリングなトップ争いで会場を大いに盛り上げた(決勝は3位)。

今年はレイをはじめレオン・ハスラム、プラック・ラズガットリオグルのWSBK参戦中である3名がファクトリーチームであるカワサキレーシングチームより参戦。マシンは3名がWSBKで駆るNinja ZX-10RRの鈴鹿8耐仕様。 尚、同チームが鈴鹿8耐を戦うのは2001年(柳川 明/井筒仁康組)以来となる。

ジョナサン・レイ(Jonathan Rea)
生年月日:1987年2月2日
出身地:イギリス
所属:KAWASAKI RACING TEAM WORLDSBK
主な戦績:
2015年以降「スーパーバイク世界選手権」で4年連続チャンピオン

ジョナサン・レイのコメント
「カワサキからまた8耐に出場するのをとってもうれしく思います。8耐は、私の心の中で非常に大きな存在です。チームグリーンで十分優勝が狙えた昨年の経験を生かし、今年は昨年以上の成績を狙っていきます。我々は、昨年良いタイムを出していますが、一方でいくつかのミスもありました。これらのミスから学び、これまでにないくらいの準備をして挑みます。8耐は世界でもっともタフで、もっともエキサイティングなレースです。気温36度でレースする、ライダーとマシンにとって本当のテストです。私は挑戦が好きで、日本のファンのみんなと過ごすのが待ち遠しいです」

レオン・ハスラム(Leon Haslam)
生年月日:1983年5月31日
出身地:イギリス
所属:KAWASAKI RACING TEAM WORLDSBK
主な戦績:
2018年「ブリティッシュスーパーバイク選手権」チャンピオン
2017年「ブリティッシュスーパーバイク選手権」3位
2016年「ブリティッシュスーパーバイク選手権」2位
2015年「スーパーバイク世界選手権」4位

レオン・ハスラムのコメント
「今年はカワサキとの4年目のシーズン。素晴らしいイベントである鈴鹿8耐にまたカワサキのライダーとして戻れることを嬉しく思います。過去、私たちは良い結果を残しましたが、中でも8時間のうち5時間半に渡って走ったレースは非常に思い出深いです。昨年のレースではジョナサンとともに、小さな問題が起きるまではレースをリードしましたし、この数年、毎年表彰台に上がるなど、私たちのパッケージは非常に良くなっています。強い気持ちでチャレンジし、良いテストを重ねることができれば、今年こそ表彰台の真ん中に立てると思います。今年の戦略をしっかりと見極めなくてはいけないですが、ジョナサンとの相性も良く、チームに出したセットアップリクエストは彼とほとんど同じ。いまからレースが本当に楽しみです」

トプラック・ラズガットリオグル(Toprak Razgatlioglu)
生年月日:1996年10月16日
出身地:トルコ
所属:TURKISH PUCCETTI RACING
主な戦績:
2018年「スーパーバイク世界選手権」9位
2017年「スーパーストック1000」2位
2016年「スーパーストック1000」5位
2015年「スーパーストック600」チャンピオン

トプラック・ラズガットリオグルのコメント
「これは、まさに私の夢のチーム! 私はいつでも準備は出来ているので、本番が楽しみです。8耐のファンではあったけれど、走るのは今回が初めてです。ジョニーとレオンと同じチームになれるのは、とてもラッキーです。今も信じられません。昨年一度だけ全日本ロードレースに出場しましたが、その時に、日本のチームクルーが、『このマシンは8耐のマシンとほぼ同じで、違いはガソリンタンクのみ』だと教えてくれました。WSBKとの大きな違いは、タイヤがブリヂストンだというところです。素晴らしいマシンで8耐に出場できるのが夢のようです」

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。