キムコジャパンは台湾製スクーター「ダウンタウン125i ABS」を3月11日より発売する。

イタリア人デザイナーによるスタイルが特徴の同モデルは、最もラグジュアリーな125スクーターを目指して開発。上位モデルである「ダウンタウン350i ABS」と共通のボディをもち、欧州で鍛えられた強固なフレーム剛性によりタンデム時でも優れた走行安定性能を発揮。クラス最長となるロングホイールベース(1,553mm)による加減速時のピッチングの少なさ、 大型段付きシートと広いフロアボードによるゆとりあるライディングポジションは、これまでの125ccスクーターの常識を遥かに超えるラグジュアリーなライディング体験が可能に。

エンジンは124cc水冷4サイクルSOHC4バルブ単気筒を搭載。最新のEURO4規制に対応するクリーンな排出ガス性能を備えつつ、クラス最高レベルの出力10.5kw(14.3PS)を発揮する。

前後のディスクブレーキにはボッシュ社製の高性能ABSを採用。φ37mmのテレスコピックフロントフォークと強靭なスイングアームを備えたリアサスペンションにより、タンデムでのハイスピード巡航でも安定した走行が可能。

シート下のラゲッジスペースはフルフェイスヘルメットが2個収納出来る、125ccクラスのスクーターとしては最大級のスペースを確保。ハンドル両脇には蓋つきのグローブボックスを備え、 左側のボックスにはスマートフォンの充電に便利なUSB充電器を標準装備。

ボディカラーはマットグレイメタリック 、マットホワイト 、パールブラック の3色を設定。メーカー希望小売価格は518,400円 (税込)。

キムコジャパン
http://www.kymcojp.com/

◆公式SNSにて更新情報をお届けします!