新東名・試行区間の始まり。

2017年11月より新東名で、同年12月より東北道の一部区間で始まった最高速度110km/h試行。3月1日の10時からは120km/hへ引き上げ、試行がスタートする。最高速度120km/hは排気量126cc以上の二輪車、乗用車、軽自動車、バス、総重量8トン未満・最大積載量5トン未満の中型トラックが対象。

今回、発表となった区間は新東名・新静岡IC-森掛川IC間の上下線約50キロ、東北道・花巻南IC-盛岡南IC間の上下線約30km。最高速度の引き上げはアンケート調査による多くの賛意、
交通事故の発生件数調査の結果から判断。これらの経緯により、静岡県警と岩手県警は120km/h試行に踏み切った。

尚、高速道路の最高速度引き上げの前提条件となるのは、まずは設計速度が120km/h以上であること。 現在、13路線19区間の837.1km が該当することから、2020年は最高速度の引き上げが全国に拡大することが予想される。ちなみに1960年代から1970年代にかけて建設された名神高速や東名高速などは最高速度引き上げの対象とはなっていない。

◆公式SNSにて更新情報をお届けします!