C 400 X

昨年の大阪/東京モーターサイクルショーに出展、BMW Motorradとしては初めて普通二輪免許でも運転できるミドルサイズのスクーターとして話題となった「C 400 X」、そして「C 400 GT 」が日本でも正式発売となった。

C 400 GT

C 600 Sport /C 650 GT/C Evolution といったプレミ アム・マキシ・スクーターに対し、より取り回しが容易で中排気量域の都市型二輪車として新たにラインナップされる2モデル、エンジンは新開発の350cc 水冷単気筒を搭載。34 psの最高出力を効率よく伝達するため無段変速のギヤ・ボックス、振動を抑え快適性を高めるスイングアーム・ベアリングを備えたねじれ剛性の高いスイング・アームを採用する。また、滑りやすい路面でも加速時の安定性を確保オートマチック・スタビリティ・コントロール(ASC)も装備。シャシーには頑丈なスチール製チューブラー・フレームを採用、フロントにツイン・ディスク・ブレーキを、リヤにはシングル・ディスクブレーキを装備すると共にABS を標準装備とし、高いブレーキ性能と安全性が確保される。

「C 400 X」(メーカー希望税込小売価格851,000円) は細い路地を抜け、目的地まで素早く移動するためだけではなく、アーバン・モビリティを積極的に楽しめるモデル。対して「C 400 GT」(同912,000 円)はミドルサイズ・スクーターのグラン・ツーリスモバージョンとして、ツーリング時のラ イダーおよび同乗者へのさらなる走行快適性を主眼に開発されたモデル。いずれも日本仕様は ETC 2.0 が標準装備となる。

BMW Motorrad
http://www.bmw-motorrad.jp

◆公式SNSにて更新情報をお届け!