MPC「1/16  ホンダCB77スーパーホーク」

1960年代初頭、250ccの本格ロードスポーツとして大ヒットとなったホンダCB72のエンジンを305ccまで拡大したCB77は、排気量の大きな当時の海外メーカーのマシンに対してもひけをとらない高性能を発揮、海外市場で高度成長期を象徴する“メイド・イン・ジャパン”製品として高評価を得たモデル。フラットなバーハンドル、ポジション調整を可能とするステップといった特徴的な装備、そしてスタイリングでも人気を集めた。1961年に国内でも販売が開始され、その後も改良を受けながら1968年まで生産される。北米ではCB72の“ホーク”に対し、CB77は“スーパーホーク”の愛称で親しまれた。

そんなCB77、アメリカ・MPC社の1/16スケールプラスチックモデルキットをプラッツがリリース。空冷ならではのフィンを表現したエンジンやキャブレター、バックボーンフレーム、前後サスペンションなどフルディテールでモデル化したもので、全長約125mmの中でバーハンドルやスポークホイール、特徴あるガソリンタンクなど再現。5,200円。

プラッツ
http://www.platz-hobby.com/

◆公式SNSにて更新情報をお届けします!