二輪ロードレースの最高峰・MotoGPの開幕から最終戦まで、2018年は全19戦のDVDをレース終了約3週間後にリリースしてきたウィック・ビジュアル・ビューロウ。すでに発売中の2018MotoGP公式DVD 前半戦(開幕戦カタールGP~第9戦ドイツGP)セットに続き、後半戦セット10枚組(第10戦チェコGP~最終戦バレンシアGP)が発売された。

2018シーズン後半戦はアンドレア・ドヴィツィオーゾ、今季2度目となる2連勝となったホルヘ・ロレンソによるドゥカティ・ファクトリーの4連勝からスタート。昨年のマルク・マルケスの最大のライバルだったドヴィツィオーゾは前半戦のノーポイントが響き、昨年の6勝に対して、今年は最終戦までに半分となる3勝しか勝利できずにいた。マルケスは第14戦からの3連勝で、タイトル争いに決着。ヤマハはシーズン後半に復調の兆しを見せ、マーベリック・ビニャーレスがオーストラリアで優勝。スズキは今シーズン9回の表彰台登壇を実現し、アレックス・リンスは5回の表彰台獲得でランキング5位と急成長を見せた。中上貴晶は最終戦で好走、ホンダ勢のトップ&インデペンデントチームライダーの最上位を獲得し、パークフェルメで喜びの表情を見せる。

DVDはMotoGPクラスのノーカットレース映像はもちろん、サーキット情報、予選ダイジェスト、Moto2/Moto3クラスのハイライト、日本人ライダーインタビュー、パドックガールなども収録。実況:みし奈 昌俊/木幡ケンヂ/柿沼佐智子/和田鉄平、解説:青木 淳(ライディングスポーツ編集長)。DVD10枚組、本編:約600分 特典映像:約300分。20,000円(税別)。

ウィック・ビジュアル・ビューロウ
http://wick.co.jp