伊藤光夫氏は1963年のマン島TTレースで日本人として初めて優勝。マシンはスズキRM 63(50ccクラス)。

日本のモータースポーツの歴史を後世に伝え、輝かしい実績のあった選手、関係者を顕彰することを目的に、日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)は「MFJモーターサイクルスポーツ殿堂」を設立。その栄えある第1回の殿堂顕彰者として伊藤光夫氏が選出された。

伊藤氏はスズキの社員ライダーとして世界ロードレース選手権(世界GP)をはじめとする国内外のレースに1959年から1969年にかけて参戦。1963年のマン島TTレースでは日本人として初めて優勝するなど、輝かしい成績を収めている。

レース引退後もスズキのレース活動に携り、レース車両の開発、世界に通用する技術の向上、後の世界チャンピオンとなるケビン・シュワンツなど優秀なライダーの育成に加え、長きにわたりMFJの技術委員を務めるなど、スズキのみならず日本の二輪車レースの普及、発展に貢献してきた。

伊藤光夫氏 のコメント
「この度突然お話を伺い、記念すべき第1回の顕彰者に選出いただいたこと、大変うれしく思っております。しかし、これは当時の担当者全員で成し遂げた事で、私個人が評価されたとは思っておりません。TTレースへの参加を決断された二代目社長、鈴木俊三氏の先を見た英断であり、その時期に参加メンバーに選ばれ、ライダーとして起用され参加した私が優勝出来たことが、光栄であり喜びと感謝の気持ちでいっぱいです」