NOZZA GRANDE Premium

年間330万台規模の二輪市場をもつベトナムでは近年、スクーターの比率が大きく上昇しているとか。そんな市場にヤマハは2014年、走りの楽しさと燃費・環境性能を両立したBLUE COREエンジンを搭載するスクーター「NOZZA GRANDE(ノザ グランデ)」を投入。優れた走行性能と機能、欧州テイストのスタイリッシュな外観により、プレミアムクラスのスクーターとして若い女性を中心に高い人気を獲得しているという。

12月よりベトナムで2019年モデルとして順次発売される新型「NOZZA GRANDE」は、従来モデルの特徴・イメージを継承しながら商品性が向上。中でも注目は、2018 年7月にタイ市場向け「GRAND FILANO HYBRID」で初搭載された「HYBRID System」を採用していること。このシステム、停止状態からの発進時に最大約3秒間、スロットル操作に応じてスタータージェネレーターがモーターとして機能、エンジンのトルクを補助するというもの。新BLUE COREエンジンとも相まって、走りと快適性の向上を果たした125cc プレミアムスクーターに仕上がる。

現地でのメーカー希望小売価格はABS とスマートキーシステムを装備する上級モデル「NOZZA GRANDE Premium」が49,500,000 ベトナムドン(約23万8000円)、2019年2月より発売される「NOZZA GRANDE Standard」は45,500,000 ベトナムドン(約21万9000円)。