全日本ロードレース選手権の最高峰であるJSB1000クラスでランキングトップを快走する一方、MotoGPマシンの開発ライダーも務めるヤマハの中須賀克行が、10月21日(日) にツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)で決勝レースが行われる「2018 FIM MotoGP世界選手権シリーズ 第16戦 MOTUL日本グランプリ」に、YAMALUBE YAMAHA FACTORY RACING よりワイルドカード参戦することになった。中須賀の日本グランプリへの出場は2012年以来7年連続7回目、MotoGPクラスへの出場は、2位表彰台を獲得した2012年の第18戦バレンシアGPを含め通算9回目となる。

今回の参戦の目的は実戦を通じた開発評価に加え、参戦マシンである「YZR-M1」に今年の鈴鹿8耐を走行した「YZF-R1」と同じ赤・白の特別カラーを採用、R1の20周年を広く伝えていくこと。

中須賀克行のコメント
「今年の日本グランプリも、YZR-M1の開発評価が目的になります。ただし今回は鈴鹿8耐と同様、YZF-R1の20周年を記念した赤・白のYZR-M1で出場します。鈴鹿8耐は怪我で決勝を走れず、優勝の喜びこそありましたが、自らの走りでファンの皆さんに楽しんでもらえず悔しさがありました。日本グランプリは世界が注目する最高の舞台なので、できる限りファンの皆さんに楽しんでもらいながら、長年ともに戦ってきたR1の20周年を印象づけられるようしっかり走り切りたいと思いますので、ぜひご期待ください」

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。