量産二輪車として世界初となるハイブリッドシステムを採用することとなったホンダ「PCX HYBRID」(9月14日発売)は、125ccエンジンを搭載する「PCX」をベースに高出力型リチウムイオンバッテリーと駆動アシスト機能を追加したACGスターターをアシストモーターとしても利用、エンジンをアシストする。

ACGスターターによるアシストは、スロットル操作にともなうアシスト開始から約4秒間作動。アシスト量はスロットル開度に合わせ、PCXと同等の扱いやすさを維持しながら走行状況に応じた俊敏な加速を提供、従来の同クラススクーターを超える機敏なスロットルレスポンスや高い動力性能を実現させたという。

アシストモーターのみの走行は行わない、いわゆる“マイルド・ハイブリッド”と呼ばれるもので、燃費の向上よりも動力性能を重視した仕上がり。通常の「Dモード」に加え、アシストを強めてよりスポーツ性を高めた「Sモード」 という2つのアシスト特性の切り替えを可能とした。

また、コンパクトなバッテリーユニットとしたことで、シート下はフルフェイスヘルメット1つを収納可能とするなど、限られたスペースに関連機器を効率よく搭載することで、スクーターとしての利便性は保たれている。メーカー希望小売価格は432,000円(税込)。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。