世界トライアル選手権を戦うトニー・ボウ(Repsol Honda Team)は前人未踏の世界チャンピオン11連覇を達成しているスペイン人ライダー。6月24にポルトガルで行われた2018年第4戦では、戦いの前半でほぼ勝負を決めるという圧勝。自身にとって同選手権での通算100勝目を達成し、同チームにかつて在籍していたドギー・ランプキンを抜き、単独最多勝記録を更新した。

ちなみにボウにとって今回の戦いはちょうど200試合目。これまで5割の勝率で世界選手権の最高峰を戦い続けていることになる。


トニー・ボウのコメント
「今日はとてもすばらしい日です。勝利数などの記録を意識することはなく、今回が200試合目だということは知らずに大会を戦いました。勝利に喜び、100勝の記録にまた喜び、そして200大会目と勝率5割を知らされて、大会後は興奮の連続となりました。シーズン前に負った負傷は、今日はとても状態がよかったので、快適に戦うことができました。日々、調子は確実によくなっていっています。今シーズンはライバルがとても強いので、さらに気持ちを引き締めて、厳しい戦いに打ち勝っていきたいと思います」

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。