台湾最大の二輪メーカーである光陽工業(Kwang Yang Motor CO )のブランド「KYMCO」 よりEVスクーター「New Many 110 EV」「Nice 100 EV」の2車種が発売される。“iONEXスクーター”と呼ばれる充電ステーション・ネットワークまでを一体化した新しいアプローチの交換式バッテリーを採用するこのモデル、2019年末までに予定されている2,000ヶ所の充電ステーションでバッテリーを共用、ライダーに対し航続距離に関する不安を取り除くというもの。


また、家庭での充電も可能となる業界初のスマート・エナジー・ベイを装備。ライダーは夜間に5kgと軽量なバッテリーを充電のため家に持ち運び、毎朝フル充電状態でスタートできるという。

「New Many 110 EV」はファッションやレトロなスタイリングが好きな若い世代のライダー向けにデザインされたモデルで8月発売予定。スタンダードの他、Noodoe Navigationバージョンを選ぶことも可能で、政府の補助金を導入すればスタンダードでUS$1,420、NavigationバージョンはUS$1,590で購入可能となっている。基本走行距離1,000kmの月間レンタルバッテリーも用意され、レンタル料金は月間わずかUS10$。

広い層を対象とした「Nice 100 EV」は実用性と入手性を考慮。10月発売で、価格はUS$990から。

尚、 KYMCOは今後3年間に10車種のEVを発売するという。