鈴鹿8耐をはじめ、レースで数々の名勝負を生み、伝説を残してきた名門チーム・ヨシムラが、2018年も「ヨシムラスズキMOTULレーシング」として全日本ロードレース選手権の最高峰クラス・JSB1000に2台体制で参戦することを発表。マシンは新型となって2年目を迎えるGSX-R1000。

ライダーは引き続き、スズキMotoGPマシンの開発も担いながら悲願のJSB1000チャンピオン獲得に意欲を燃やすエース・津田拓也を起用。ヨシムラから参戦6年目となる彼を軸に、全日本J-GP2チャンピオンを経てJSB1000や鈴鹿8耐、昨年はWSS(世界スーパースポーツ選手権)
で活躍してきた渡辺一樹が新たに加入。これまで長くカワサキのマシンを操ってきた彼、2年振りのJSB1000でGSX-R1000のポテンシャルをどれだけ引き出すのか、注目が集まる。

尚、MFJ全日本ロードレース選手権の2018年シーズンは4月7・8日に開催されるツインリンクもてぎ大会で開幕。11月3・4日の鈴鹿・最終戦まで、JSB1000クラスは全9戦・過去最高の13レースが予定されている。

加藤陽平 監督のコメント
「2018年は『ヨシムラスズキMOTULレーシング』として、またモデルチェンジを果たしたGSX-R1000での2年目の参戦となります。全日本ロードレース選手権(JSB1000クラス)に於いては、レース数が大幅に増加しチームにとってもライダーにとってもチャンスが増えるシーズンになると思っております。ライダーはチームから参戦6年目となる津田選手と、全日本JSB1000に1年振りに復帰する渡辺選手を起用することになりました。かつてのライバル同士であった二人ですが、チーム内で切磋琢磨して強くなってくれることを期待します。フルモデルチェンジしたマシンも2年目となるので、更なる熟成と開発を押し進め、パフォーマンスをアップした車両と共に、昨年獲り逃したシリーズタイトルを目指して参ります。

—あくなき挑戦—

2018年もヨシムラスズキMOTULレーシングへご声援よろしくお願いします」

津田拓也(#12 )のコメント
「早いものでヨシムラスズキからの参戦が6年目となりました。昨年はモデルチェンジとなったGSX-R1000が投入となり、自分自身もチームの皆も期待に胸を膨らましシーズンインを迎えましたが、新型ならではの難しさもあり想像以上の苦戦を強いられてしまいました。2年目となる今年は、マシンのポテンシャルを引き出し自分の理解度も上げていくことで、まずは1勝し、そして勝利を積み重ねていきたいです。ファンの皆さんに楽しんでもらえる様に今年はさらに上を目指して頑張りますので、引き続きヨシムラスズキMOTULレーシングの応援をよろしくお願いいたします」

渡辺一樹(#26 )のコメント
「2018年シーズンは、ヨシムラスズキMOTULレーシングより全日本ロードレースJSB1000クラスを走る事が決まり、新たな挑戦にとてもワクワクしています。まずはこのチャンスをいただいた、ヨシムラ、そしてスズキの皆様に感謝しています。ヨシムラスズキMOTULレーシングという日本屈指のレーシングチームから国内最高峰の舞台に再び挑む事ができ、とにかく今から開幕戦が楽しみです。自分らしい走りで最大限のパフォーマンスを出し、ファンやスポンサー、応援してくださる全ての方々に喜びと感動を与えられるように、チーム一丸となり戦って行きます。皆様の応援よろしくお願いします! 」

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。