ロードレースの世界最高峰・MotoGPクラスで昨シーズン、最終戦までチャンピオン争いを展開したイタリアのドゥカティが本拠地であるボルゴ・パニガーレにて2018年シーズンのチーム体制を発表。今年もアンドレア・ドヴィツィオーゾとホルヘ・ロレンソがオフィシャル・ライダーとして参戦する。

ドゥカティ・モーター・ホールディングのクラウディオ・ドメニカーリCEOは「準備は整っている。ビジネスの面でもレースの面でも、2017年は有終の美を飾ることができた。これによって、前向きで自信を持って2018年を迎えることができる」とコメント。また、ドゥカティ・コルセ・ゼネラルマネージャー、ルイジ・ダッリーニャは「決して簡単な道のりではない。私たちは、手強いライバルやはるかに規模の大きなメーカーと戦わなければならない。しかし、2018年が記憶に残るシーズンになるよう最善を尽くす」と闘志を語る。

会場ではレッドとグレイを纏った新たなカラーリングが特徴となる参戦マシン、2018 年モデルのデスモセディチGP も公開。尚、MotoGPの2018年シーズンは3月18日、カタールで開幕。11月18日のバレンシアまで、全19戦が予定されている。

(右より)アンドレア・ドヴィツィオーゾ、クラウディオ・ドメニカーリ、ホルヘ・ロレンソ。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ(#04 2017年ランキング2位)のコメント
「昨年は素晴らしいシーズンとなり、大きな成功を収めました。同時に、昨シーズンから多くを学び、マシンの開発作業を続けています。僕らのマシンは、特定のサーキットを苦手にする傾向にあったので、これを克服することに集中しています。どのサーキットでも、常に表彰台を狙えるポジションにいなければなりません。2017 年は6勝をマークして、ランキング2位でシーズンを終えました。当然、今年の目標はチャンピオンシップ獲得に置いていますが、シーズンが変わると戦いの図式が一新されると思っていた方がよいでしょう。いずれにしても、僕たちは昨年末のレベルを維持したまま、新しいシーズンに挑むことになります。昨年同様、100%の集中力を失わずに、チームと力を合わせて仕事をして行きたいと思っています」

ホルヘ・ロレンソ(#99 2017年ランキング7位)のコメント
「2017 年は厳しい年でした。1勝もできず、しかも開幕当初は表彰台争いにも加われませんでした。それでも決して諦めず、辛抱強く戦ったからこそ、終盤に良いリザルトを残すことができました。チームワークは非常に大切です。その点、ドゥカティは、僕のスタイルに合うよう懸命にマシンの改良と取り組んでくれました。2018 年はより高いレベルでスタートが切れるでしょう。アンドレアとデスモセディチGP は、僕たちがワールドチャンピオンを狙える位置にいることを証明してくれました。僕とアンドレアは、一緒にその目標を達成できるだけの強さと経験を備えています。十分なチャンスがあるし、僕らは1年前よりも強いと確信しています。ドゥカティスタの一員であることは、本当に特別な体験です。このチャレンジに迎え入れられたことを誇りに思っています。ドゥカティに合流したその日から、大きな家族の一員であると感じています。世界中のドゥカティスタの皆さんから頂いた情熱とサポートに報いて、できることなら、彼らにワールドタイトルをプレゼントしたいと思います」