ダンロップの創業者として知られるJ.B.DUNLOP(ジョン・ボイド・ダンロップ)が世界で初めて空気入りタイヤを実用化したのは1888年のこと。アイルランドに住む獣医師であった彼、「息子がもっと楽しく快適に三輪車に乗れるように」という愛情から空気入りタイヤを作ったという。

以降、ダンロップはハイドロプレーニング現象の解明やランフラットタイヤの実用化、石油などの化石資源を一切使用しない世界初の100%石油外天然資源タイヤ「エナセーブ 100」の開発など、数々の先進的な技術を生み出してきた。

空気入りタイヤが実用化されてから今年で130周年を迎える記念として、住友ゴム工業は「130周年記念ロゴ」を制定。ダンロップは創業者の思いを受け継ぎ、これからも独自の技術でより安心・安全で環境に優しい製品を届けていくという。