カワサキ陸・海・空の代表製品を見て、感じて、学ぶことができる川崎重工グループの企業ミュージアムである「カワサキワールド」(神戸海洋博物館)で毎年2月、本格的バイクシーズン突入前の恒例イベントとなっているモーターサイクルフェア。今年は「カワサキ モーターサイクルZフェア 2018 伝説の鼓動よ、再び。」と題し、2月6日(火)から18日(日)までの期間、神戸海洋博物館内大ホールにて開催される。

今回はZ1誕生より45年、満を持して登場したZ900RSが主役。東京モーターショー2017で公開されたZ900RSカスタム プロジェクトや、川崎重工が保有する900 Super4、Z1-R、Z1000Mk-Ⅱ、Z400FX、ZEPHYRといったヒストリー車両、資料が一堂に展示される。

また、参加型イベントとして、ZとZを愛するオーナーとのとっておきの一枚が展示される「Zオーナーズ写真展~あなたのZ、展示します~」も実施。

見学には神戸海洋博物館、カワサキワールドの入館券(大人・600円、小中学生・250円)が必要。開館時間は10時から17時(入館は16時30分まで)。2月13日(火)は休館日となる。

カワサキ モーターサイクルZフェア 2018 
https://www.khi.co.jp/kawasakiworld/event/2018mcfair/

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。