FZ25

ヤマハ発動機のインド子会社・India Yamaha Motor Private Limited が生産、2017年2月より販売が開始されたモーターサイクル「FZ25」は、走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を具現化する“BLUE CORE”の 250cc 新エンジンを搭載したストリートモデル。同車が、インドの産業界団体が主催するデザイン賞「CII DESIGN EXCELLENCE AWARDS」に初応募、「Two-wheelers Commercial」部門から「Mobility Design」カテゴリで初受賞となった。

年間1,800万台という世界最大規模の二輪車市場をもつインドは、そのうちの6割を占めるのが100~150ccのモーターサイクルだという。ヤマハが2008年に導入された「FZ」(150cc)や2014年導入の「FZ‐FI」(150cc)といったFZシリーズは、インド市場では比較的高価格カテゴリーの製品だが、若いユーザーの支持を得て、発売以来の累計販売が150万台を超える人気モデルに。

今回、デザイン賞を受賞した「FZ25」はインド市場で拡大の兆しを見せる高価格帯の販売拡大を目指すモデルの一つ。現地では119,500インド・ルピー(約213,200円)で販売されている。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。