2018年シーズンはTeam HRC のワークスライダーとして参戦する高橋 巧。

メーカー直系のワークスチームとしてMFJ全日本ロードレース選手権(JRR)のJSB1000クラスおよび、FIM世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)に参戦するのは2008年以来10年ぶり。CBR1000RRをベースとしたワークスマシンを投入し、2017年シーズンのJRR・JSB1000クラスのシリーズチャンピオンであるHRC契約ライダー・高橋 巧が同クラス2連覇と同時に、鈴鹿8耐での優勝を目指す。

ホンダは「コーポレートスローガンである『The Power of Dreams』のもと、モータースポーツ活動の発展に寄与することで、お客様と喜びの共有を目指してまいります」とのこと。ここ近年のJSB1000クラスおよび鈴鹿8耐はヤマハのメーカー直系チームが圧倒的強さを誇っているだけに、どのような戦いぶりが展開されるのか、2018年シーズンは見どころが多そうだ。

本田技研工業株式会社 執行役員 森山克英 ブランド・コミュニケーション本部長のコメント
「Hondaワークスチームで参戦し、頂点を目指しチャレンジすると共に、ライダー、チームの人材育成にもつなげていきたいと思います。これからも、モータースポーツファンの皆様のご期待に応えられるように頑張ってまいりますので、Hondaチームへのご声援をよろしくお願いします」

株式会社ホンダ・レーシング 野村欣滋 代表取締役社長のコメント
「国内ロードレースの最高峰クラスであり、2018年は全9戦中、13レースが開催され、ますます激しい争いが見込まれるJRR JSB1000クラスと、鈴鹿8耐という厳しいレースに、ワークスチームとして10年ぶりに参戦します。Team HRCはチャレンジャーとして、一丸となって勝利を目指してまいります。皆様のご声援をよろしくお願いします」