PASシリーズは生誕25周年。1993年に登場した初代PAS(奥)と最新2018年モデルの軽快車「With」シリーズ。ワイヤー内臓型フレームによりファッション性が向上。118,800円~。

年々進化を続け、様々なバリエーションを増やしながら市場を牽引している電動アシスト自転車のパイオニア、ヤマハ「PAS」。パワー・アシスト・システム(Power Assist System)の頭文字から名付けられた同シリーズが、25年目を迎えた2018年モデルを発表。1月22日より順次発売される。

トピックは軽快車と言われる主力製品「With」シリーズがフルモデルチェンジとなったこと。特徴はファッション性と跨ぎやすさを両立させた専用設計の軽量アルミフレームをベースに、随所にヤマハオリジナルデザインを施している点。ユーザーのライフスタイルやファッションに合わせ選ぶ楽しさ、使う楽しさを意識したバリエーションとし、シリーズ全体の魅力度向上が図られた。

PASシリーズを購入し、製品保証登録(兼盗難保険登録)を実施すると、通常2年のバッテリー保証が3年となる「PASバッテリー保証1年延長」サービスもスタート。取扱説明書に基づく通常使用にも関わらず、購入から3年以内、総充電回数700回以下で、初期容量の50%未満に劣化した場合に無償でバッテリーの点検・確認や交換を行ってくれるという。

電動アシスト自転車 PAS/YPJ
https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/

幼児2人同乗基準に適合した小径タイプのファミリーモデル「un」シリーズは個性やイメージをより強調したカラーラインナップに。144,720円~。


北欧テイストデザインのファッショナブルモデル「Mina」。2018年モデルはナチュラル&モダンなイメージを強調するカラーラインナップに。131,760円。

通勤・通学に適した便利な装備や機能が備わる「Ami」。2018年モデルは上質感ある華やかな新色を採用。123,120円。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。