11月に開催された世界最大級のモーターサイクルショー「EICMA 2017」(ミラノ国際モーターサイクルショー)にて、イタリアのバイク雑誌・Motociclismoが会場に展示されたバイクを対象とした人気投票を実施。EICMAの来場者およびMotociclismoのウェブサイトによる投票の結果、ドゥカティのパニガーレV4が「世界で最も美しいバイク」アワードを受賞した。今年で13回目を迎えたこの人気投票、ドゥカティにとって2015年のXディアベル、2016年のSuperSport に続き9度目の受賞となる。全得票数の61.17%を集め、2位に大差をつける人気ぶりであったという。

Panigale V4 S

今回のショーで一般に初披露となったドゥカティ量産バイク初の4気筒エンジンを搭載するパニガーレV4は、MotoGPで活躍するレーシングマシン・デスモセディチGP の経験、テクノロジー、キャラクターを惜しみなく投入。来年より販売が予定されている。

昨年を上回り過去最高となる60万人以上の来場者が詰めかけたEICMA 2017の最終日となった11月12日、ショーを締めくくるハイライトとして行われた授賞式では、ドゥカティ・デザイン・センター・シニア・デザイナー兼パニガーレV4 プロジェクト・デザイナーのジュリアン・クレメントが、ドゥカティを代表してアワードを受け取った。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。