JSB1000クラス・チャンピオン  高橋 巧

三重県の鈴鹿サーキットで開催された全日本ロードレース選手権・第9戦「第49回 MFJグランプリ」は2017年シリーズ最終戦ということで、各クラスでタイトルを懸けた争いが展開された。

最高峰・JSB1000クラスは最終戦恒例の2レース制。両レースともにディフェンディング・チャンピオンの中須賀克之(YAMAHA FACTORY RACING TEAM )が優勝を飾るも、今シーズンは9レース中5勝の最多勝ながら、タイヤ径の変更(16.5→17インチ)による僅かなフィーリングの違いで転倒による取りこぼしも多く、シリーズランキングは6位に終わる。

ST600クラス・チャンピオン  前田恵助

一方、最終戦で逆転を狙うランキング2位の高橋 巧(MuSASHi RT HARC-PRO. Honda) は両レース2位でフィニッシュ。ランキングトップながら投入した新型マシンのポテンシャルを引き出すことに苦しみ8位/5位と奮わなかった津田拓也 (ヨシムラスズキMOTUL )のポイントを逆転し、2017年シーズン・チャンピオンの栄冠を手に入れた。

高橋にとって2009年から参戦を開始したJSB1000クラスで初のタイトル。また、ホンダにとっては同クラス6年振りのタイトル獲得となった。

J-GP3クラス・チャンピオン  伊達悠太

尚、ST600クラスはヤマハYZF-R6 を駆る参戦4年目の前田恵助(伊藤RACING・GMDスズカ)が、J-GP3クラスは3ポイントビハインドで挑んだ伊達悠太(BATTLE FACTORY)が逆転でタイトルを獲得している。J-GP2クラスは水野 涼(MuSASHi RT HARC-PRO.)が岡山国際サーキットで開催された前戦ですでにチャンオピオンを決めている。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。