台風22号の影響によって土曜日から雨が降り続くというコンディションで迎えた2017年の最終戦、スポーツランドSUGOで開催された全日本トライアル選手権・第7戦東北大会。

ポイントランキングトップの“GATTI”こと小川友幸(HRC CLUB MITANI)はRTL300Rを駆って3位でゴール。常に全日本選手権でチャンピオン争いをしている最強のライバル・黒山健一(YAMAHA FACTORY RACING TEAM) が優勝を果たすも、7ポイント差で小川がタイトル獲得となった。今シーズンは全7戦中、優勝4回、2位2回、3位1回という圧倒的な強さと安定感を発揮し、全日本の最高峰クラスである国際A級スーパークラス(IAS)で5年連続、7度目のチャンピオンとなる。


小川友幸のプロフィール
生年月日:1976年10月4日
出身地:三重県
主な戦績:MFJ全日本トライアル選手権 国際A級スーパークラス
2007年 チャンピオン
2010年 チャンピオン
2013年~2017年 チャンピオン

小川友幸のコメント
「今シーズンは、41歳で5年連続チャンピオンを目標に、戦ってきました。大勢のファンの前でチャンピオンを決めることができたことに満足しています。常に信頼できるアドバイスで支えてくれたチームスタッフをはじめ、マシンセッティングでともに戦ってくれたHRCやスポンサーの皆様、そしてトライアルファンに感謝いたします。来シーズンもさらに高い目標を掲げてチャレンジします。また、イベントにも積極的に参加して、トライアルの普及に努めていきますので、応援をよろしくお願いします」

HRC CLUB MITANI三谷知明 監督 のコメント
「今シーズンは、開幕から2戦連続2位でスタートしましたが、3戦以降は4連勝と言う強靭な力を発揮してくれました。5年連続チャンピオンを獲得できたことは、小川選手のコンディション作りと集中力の成果だと思います。チームを支えてくれたスポンサーをはじめ、大勢のトライアルファンに深く感謝いたします。我々の挑戦にはゴールがありません。小川選手には、これからも大胆かつ繊細な走りでファンを魅了してもらいたいと考えています。そのためにもチーム一丸となって頑張ります」