10 月 22 日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOで決勝が行われる全日本モトク ロス選手権第9戦・MFJGPのIA2クラスに、ウィメンズモトクロス世界選手権(WMX)で2012年から4年連続チャンピオンを獲得しているイタリア出身のキアラ・ フォンタネージが参戦することとなった。

彼女は2009年にWMXにデビュー。ヤマハを離れた昨シーズンは怪我の影響もあってランキング4位に終わったが、ヤマハに復帰した今シーズンはこれまで 6戦中4戦を終えトップに3ポイ ント差と、5回目のチャンピオン獲得も射程圏内のランキング2位につけている。また、4月に行われたモトクロス世界選手権・第6戦ヨーロッパGP ではMX2クラスに挑戦、ポイント獲得こそならなかったが、両ヒートともに完走を果たしている。

キアラ・フォンタネージのコメント
「このような貴重な機会を用意してくれた、ヤマハ、MFJGP 関係者の方々に感謝します。そして YZ が生まれた日本、ヤマハのホームコースであるスポーツランドSUGO でレースができることをとてもうれしく思います。今年、MX2 に出場して感じたことですが、よりレベルの高いライダーとのレースは、重要なステップアップの機会です。私と同世代の日本人ライ ダーが参戦する IA2 もまた、新しい発見やスキルアップのヒントを得られるものと楽しみにしています。同時に出場するからには、WMX のチャンピオン経験者として、YZ を駆るヤマハライダーの一人として上位をめざします。MFJGP では、日本のモトクロスファンに喜んで もらえるパフォーマンスを披露しますので、ぜひSUGO に来てください。ファンの皆さんにお会いできることを楽しみしています!」

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。