英国のトライアンフ モーターサイクルズが新たに提携を結ぶこととなったのは、インドのバジャージ・オート・リミテッド。カワサキとの技術提携による「PULSAR」や、KTMの「DUKE」(125~390)なども生産する大手メーカーである。

今回の提携は「資本関係を伴わないもので、2社の強みを合わせて協業することで、これまでにない傑出したミドルサイズ(中排気量)のモーターサイクルを生産していく」ことを目的としており、「ブランドポジション、認知度、デザイン、製造技術、品質や価格競争力、ワールドワイドな販売網等それぞれの強みが良い方向に作用していくことについても期待」しているという。

また、トライアンフは世界的、特に新興国において大きなボ リュームをもつ新しいマーケットセグメントへ参入することができ、その効果を期待。バジャージはアイコニックなトライアンフブランドやトライアンフのモーターサイクルとの関係を深めることで、インド国内そしてインターナショナルなマーケットでより広範囲に渡ったバイクラインナップを展開していくことが可能になるとか。

今後、2社のモーターサイクル・メーカーの動向に注目だ。