英国の二輪車メーカー、トライアンフモーターサイクルズは、FIM Moto2チャンピオンシップの2019年シーズン以降の独占的エンジンサプライヤーになることを発表。MotoGPを統括するドルナスポーツとの契約は3年となる。現在、Moto2クラスはホンダから供給されるエンジン(CBR600RR用をベースとする4気筒599cc)が使用されている。

トライアンフから供給されるのは、2017年新型ストリートトリプルRSに搭載される最高仕様のエンジン(3気筒765cc)をベースにレース専用チューンを施したもの。2014 、2015 年にマン島 TT、デイトナ200、ブリティッシュ スーパースポーツチャンピオンシップにおいて数々の勝利をもたらしたDaytona 675R エンジンの大幅な発展型となる。

主な改良点は●最適化されたガス流量確保のために改良された吸気ならびに排気ポートを備えたモディファイドシリ ンダーヘッド●より高回転を実現するチタン製バルブおよび強化バルブスプリング●慣性力を軽減する低出力レース キット オルタネータ●よりギア比の高い1速ギア●レース専用調整式スリッパー クラッチ●Magneti Marelli との共同開発によるレース専用ECU●改良型エンジン カバーによるエンジン全幅の低減●ヘッドへのオイル流量確保のための新型サンプシステムなど。

ポール・ストラウド(トライアンフ モーターサイクルズ チーフ コマーシャル オフィサー)のコメント
「これはトライ アンフにとって大変重要な瞬間であり、我々の110年のレースの歴史と、我々のトリプルエンジンに、TT と Supersports レースで得られた賞賛に、更なる刺激的な新しい一章をもたらす出来事です。我々は、ドルナとMoto2 チーム、ライダー、そして、ファンとの長期にわたるスリリングな関係を楽しみにしています」

カルメロ・エスペレータ (ドルナスポーツCEO)のコメント
「世界で最も象徴的なオートバイブランドのひとつと共に仕事をすることに非常に興奮しています。トライアンフのトリプルエンジンは、強力なライナーパワーとトルクの伝達で有名で、トラック上で多くの成功を収め、Moto2 チャンピオンシップにとって理想的な選択です。トライアンフとのパートナーシップにより、2019 シーズンと新世代のMoto2の始まりを楽しみにしています」

http://www.triumphmotorcycles.jp/

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。