英国のドニントン・パークで5月28日に開催された“市販車・世界最速決定戦”ことスーパーバイク世界選手権(WSBK)の第6戦。Ninja ZX-10RRを擁するKawasaki Racing Team(KRT)はレース1でトム・サイクスが、レース2ではジョナサン・レイと連勝。そしてカワサキにとってWSBK通算100勝達成となった。

今回の偉業は1988年、フランス人ライダーのアドリアン・モリラスによる勝利から始まり、ダグ・チャンドラー、ロブ・フィリス、アーロン・スライト、スコット・ラッセル、アンソニー・ゴバート、柳川 明、井筒仁康、クリス・ウォーカー、トム・サイクス、ロリス・バズ、そしてジョナサン・レイという12人のライダーによって成し遂げられた。

マシンはGPX750(1988年)、ZXR750(1990年~)、ZX-7RR(1996年~)、 ZX-10R(2006年~)と、レギュレーションによって市販車をベースとする750ccと1000ccが使用されてきており、今年2017年からは新型ZX-10RRが投入されている。

カワサキはこの先、どこまで勝ち星を増やしていくのか、注目されたし!

アドリアン・モリラスのコメント
「私の名がその歴史の1ページに刻まれていることに喜びと誇りを感じる。100勝記念にあたり、当時の私が受けた賞賛の100倍、KawasakiとKRTにおめでとう!!! を言いたい。私はもう歳をとってしまったが200勝も確信しているよ」

ジョナサン・レイのコメント
「通算100勝とのプレッシャーは少なからずありましたが、その勝利は自分が獲得しなければならない!と自分に言い聞かせました。素晴しいスタッフにも恵まれ完璧なコントロール下のもとレースは進行し、ビクトリウィリーを決めることが出来ました」

川崎重工モーターサイクル&エンジンカンパニー 技術本部 岡部泰久 基幹職のコメント「WSBK100勝を達成し素直に喜びたいと思います。この勝利を世界中の全てのKawasakiファミリー、Kawasakiファンに捧げます。これからもKawasakiはWSBKを通してマシン開発を続けていきます」

●2017年WSBK 第6戦までの戦績
Total Kawasaki Race Wins: 100 – third overall
Total Kawasaki Podiums: 328 – third overall
Total Kawasaki Poles: 67 – second overall

●WSBKでのタイトル
Riders’ Championships (Scott Russell 1993, Sykes 2013, Rea 2015 & 2016)
EVO Riders’ Championship (David Salom 2014)
2 x Manufacturers’ Championships (Ninja ZX-10R 2015 & 2016)
2 x Teams’ Championships (KRT/Provec Racing 2015 & 2016)

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。