わが家のフロンテ

1909年に創業、1920年に織機メーカーとして設立以来のスズキの歴史や多くの製品、そして二輪車、四輪車、船外機など様々な製品を世界各国で生産・販売する”ものづくり”にかける情熱を紹介する「スズキ歴史館」。2009年4月1日に静岡県浜松市にあるスズキ本社前にオープンして以来、2017年4月23日に開館から8年で累計来館者数が50万人に達成した。


2F「現在のクルマづくり~世界のお客様へ~」

3F「ものづくりの歴史~お客さまと歩んだ歴史~」

同日、50万人目となった来館家族に記念品を贈呈したスズキの鈴木俊宏社長は以下のコメントを残す。

「50 万人目の記念すべき来場者をお迎えすることができました。スズキ歴史館は、スズキの歴史やものづくりを紹介するだけでなく浜松・遠州地方の紹介にも取り組んできました。また、小学校の社会科見学で毎年約 12,000 人の小学生の皆様に来館頂いています。これからも子供たちにものづくりに興味を持っていただけるような歴史館にしていきたいと思います。また、学びの場としても充実させていきたいと思っています。これからも応援をよろしくお願い致します」

スズキ歴史館は今後もさらに多くの人々が来館できるよう、展示内容やイベントの充実を図っていくという。尚、見学は予約制となっている。

「スズキ歴史館/SUZUKI PLAZA」概要
所在地:静岡県浜松市南区増楽町 1301
TEL:053-440-2020
開館時間:9時~16時30分(予約制)
休館日:月曜日・年末年始・夏季休暇等
入館料:無料
http://www.suzuki-rekishikan.jp/