ブリヂストンが環境と安全を高次元で達成させることを追求した「エアフリーコンセプト」とは、タイヤ側面の特殊形状スポークにより荷重を支えることで、タイヤへの空気充填を不要とする技術。材料にリサイクル可能な樹脂やゴムを使用することで、資源の効率的な活用にもつながるという利点ももち、2013年の東京モーターショーに出展され話題となった。

そんなエアフリーコンセプトがさらに進化。ブリヂストンサイクルと共に次世代の自転車用タイヤを開発、市場性評価などを進め、2019年の実用化を目指すという。

今回開発されたパンクの心配のない自転車用タイヤは、スポークに使用する樹脂ならではのデザイン自由度を最大限に活かし、従来にない次世代型自転車の提案が可能に。今後、エアフリーコンセプトを用いたタイヤを装着した自転車の試乗会などが予定され、エンドユーザーの意見も取り入れながら実用化に向けた検討が進められる。

ブリヂストングループは「『エアフリーコンセプト』を通じて、新たなサイクルライフを提案するとともに、この技術をその他の様々なカテゴリーのタイヤへも発展させていきます。一人ひとりの暮らしに役立つ、ユニバーサルで地球環境にも優しいモビリティ社会の創造、循環型社会の実現に貢献していきます」と公式コメント。
荷重、走行速度が異なるモーターサイクル用タイヤとしてはまだまだ先の話になるだろうが、まったく新しい発想の二輪車用タイヤの実用化にも期待したいところだ。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。