90周年という節目の年となった2016年、ドゥカティは世界販売台数が前年の1.2%増となる55,451台を達成。同社にとって7年連続の成長となった。また、地元のイタリア市場でも販売台数が大幅に増加。2016年は20%、2015/2016年の2年間では84%の成長を果たし、同市場はドイツを抜き、ドゥカティにとってアメリカに次いで2番目に大きな市場になったという。

これら成長は、2016年にラインナップに加わったニューモデルが大きく貢献している。ムルティストラーダ・ファミリーの販売台数は2015 年比で16%、フルモデルチェンジしたハイパーモタードも15%の伸びを記録する一方で、新型X ディアベルも5,200 台という好調なセールスを達成。また、国際マーケットに投入して2年目となるスクランブラーは15,500 台以上の販売台数を記録して世界的な成功を収めたが、中でも新型スクランブラーSixty2 の導入の影響が大きかったとか。

ドゥカティは「More than Red ? 進化は止まらない」をモットーに、モンスター・ファミリーの1200と797に加え、ムルティストラーダ950、ドゥカティ・スーパースポーツ、1299 スーパーレッジェーラ、そしてスクランブラーに2タイプ(カフェ・レーサー、デザートスレッド)という合計7つのニューモデルを投入するなど、2017年も豊富なラインナップとなり、さらなる自信と共に明るい未来を見据えているという。

Multistrada 950

Scrambler Desert Sled

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。