“開発ストーリーから読み解くバイクと人”をテーマに、車両に搭載された技術や開発に携わった開発者の情熱を紹介したムック本「モトレジェンド」。第1弾「ホンダCB750F」、第2弾「スズキKATANA」、第3弾「カワサキGPZ900R/750R Ninja」、第4弾「ヤマハRZ250/350」、第5弾「ヤマハSR400/500」に続き、第6弾として「ホンダCBX400F」がリリースされた。

バイクブームの頂点を迎えていた1981年の東京モーターショーにて、CBX400Fはヨンフォア(CB400FOUR)以来となるホンダ・ミドルクラス待望の4気筒エンジンも誇らしげに登場。当時クラス最強のエンジン、プロリンクサスペンション、インボードディスクブレーキ、そして斬新なスタイルなどであっという間にベストセラー・モデルとなり、翌1982年には3万台以上を売り上げるという今では信じられない爆発的ヒットに。

誌面では当時のモトライダー誌でのテスト風景、開発者インタビュー、1982年の鈴鹿4耐参戦マシンなど、50歳前後の読者には涙モノの企画満載。若い読者にもCBX400Fは何故今も輝き続けているのか、その真相に迫ることができる一冊。926円+税。

三栄書房 http://www.sun-a.com/