BMW R47(1927年)

ダイムラーライトラート(1885年)

“森の中のモビリティテーマパーク”こと、ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)内「ホンダコレクションホール」は、ホンダの「技術の歴史」「ものづくりへの情熱」「チャレンジングスピリット」を感じる二輪、四輪、汎用製品、レーシングマシン、そして国内外のよきライバル車など様々な車両を展示。また、テーマを掲げた特別展示も定期的に行われている。

2017年3月15日(水)まで開催される「世界のオートバイ展」では、“モーターサイクル”を生み出した国として知られるドイツから誕生したオートバイを紹介。ダイムラー社が創り上げた世界最初のオートバイ「ライトラート」をはじめ、モペッドから大排気量車、レーサーにいたるまで希少なドイツ車17台を見ることができる。

DKW350 3気筒(1954年)

NSUスポーツマックス(1955年)

展示車両
●ダイムラーライトラート(1885年。ダイムラーベンツ社製レプリカ)
●ワンダラー(1923年)
●BMW R47(1927年)
●ツンダップK-500(1935年)
●BMW R51(1938年)
●NSU フォックス(1950年)
●モペッドローマン18cc(1950年)
●ビクトリアバーグマイスター(1951年)
●ツンダップKS601(1951年)
●アドラーMB250(1954年)
●DKW3503気筒(1954年)
●NSUスポーツマックス(1955年)
●BMWR25/3(1955年)
●NSUスーパーマックス(1956年)
●NSUクイックリー50(1958年)
●ツンダップKS50スーパー(1964年)
●BMWR50/5(1969年)

展示場所は ホンダコレクションホールの2、3階中央エリア。「世界のオートバイ展」開催期間中のツインリンクもてぎ入場料金は大人(高校生以上)1,000円(入場ゲートにて、場内で利用できる「500円ご利用券」を進呈)、子ども(中学生以下)無料。駐車料金は四輪1,000円、二輪500円となっている。

ツインリンクもてぎ  http://www.twinring.jp/

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。