MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ・第9戦(最終戦)「第54回MFJ-GPモトクロス大会」が10月23日、スポーツランドSUGO(宮城県)で開催された。2016年シーズンを締めくくるこの戦い、最高峰のIA1(450cc)クラスでは成田 亮(ホンダ)がヒート1で転倒も8位でゴール。負傷のためヒート2は欠場となったが、シリーズランキング2位の選手とのポイント差によって、全日本選手権・国際A級で11回目のチャンピオン獲得という偉業達成となった。

尚、IA1クラスのレースはAMAスーパークロス世界選手権シリーズに参戦するコール・シーリー(ホンダ)が両ヒートで優勝を飾っている。

一方、IA2(250cc)クラスはホンダ移籍1年目の能塚智寛がヒート1で優勝しチャンピオンを獲得。シーズン最終レースとなるヒート2でも優勝を飾った。

ホンダのワークス・ライダーである両選手の活躍により、全日本モトクロス選手権の2016年シーズンはTeam HRCにとって2013年以来となる両クラスでのタイトル獲得となった。


成田 亮

能塚智寛

成田 亮のコメント
「今日は、地元のコースで、大勢のファンの前でチャンピオンを決めることができたことに満足しています。昨年は、実力不足でチャンピオンを逃しましたが、今年は必ずタイトルを獲得する意気込みで、チーム一丸となって戦ってきました。毎戦、最高のポテンシャルが発揮できるように、マシンのセットアップに取り組んでくれたチームスタッフや、スポンサー、そしてモトクロスファンの皆さんに感謝いたします。来シーズンは、V12にチャレンジします」

能塚智寛のコメント
「大勢のファンの前でチャンピオンを獲得できたことにほっとしています。今シーズンは、HRCライダーとして1年目ということもあり、プレッシャーが掛かったシーズンでした。開幕から6ヒート連続優勝の後、中盤から終盤は良いリズムをつかむことができませんでしたが、チームスタッフに支えられてここまで到達できました。スポンサーをはじめ、ファンの励ましに感謝いたします」

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。