写真は前回(2015年)の模様。

昨年、東京ビッグサイトにて10月29日より11日間の会期で開催された「第44回東京モーターショー2015」。会期中の総入場者数は81万2,500人と、閉幕日の天候の影響などによって2013年(90万2,800人)に比べ約1割減となった。一方で2015年の来場者満足度は91.0%と、2013年(87.3%)に比べアップ。次回・2017年の来場意向も89.2%(2013年86.7%)となり、次回につながる結果となったという。

そんな次回、東京モーターショー(名称:第45回東京モーターショー2017)は前回の会期に近い2017年10月27日(金)から11月5日(日)までの10日間開催されることに。一般社団法人 日本自動車工業会が発表した。会場は前回同様、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)となる。

次回も引き続き乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具関連製品、自動車関連サービスを含む総合ショーに。人数限定「プレビューデー」を一般公開に先駆けて実施するなど、前回より来場者が満足する魅力あるショーを目指すという。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。