乗り物を体感できる音響装置「&Y02」。

「Two Yamahas, One Passion?デザイン展2016?」は、同じブランドを使用するヤマハ、ヤマハ発動機による合同デザインイベント。10月7日(金)から10日(月・祝)まで、六本木ヒルズ 大屋根プラザにて開催される。“Rejoice(愉悦)”をブースコンセプトとし、仲間と乗って、音の動きを操作し、聴いて体験する音響装置「&Y02」が世界初披露に。時間は11時から18時(7日16時から18時は招待者限定)。入場無料。

楽器や音響機器のデザインと、モーターサイクルなどモビリティのデザインが融合し得る可能性を探り、共通する”ヤマハらしさ”を体現する作品の創出を行うプロジェクトの第2弾作品となる「&Y02」はモビリティを操る所作で音楽を変化させ、音場を動かすことが出来るため、空間内の鑑賞者に対し音による未体験の移動感覚を提供。無限に繋がっていくようなループ状の造形で構成され、楽しさが外に向かうようなシートレイアウトが特徴となっている。

他、ヤマハ、ヤマハ発動機両社のデザインコンセプトモデルや製品を計10 点展示。デザインコンセプトモデル4作品のうち1作品が日本初披露となる。


エレクトリックバイオリン 「YEV」:斬新で美しいデザインとステージユースにふさわしい優れた性能を兼ね備えた、パフォーマンスのための新世代のエレクトリックバイオリン。

エレキギター「REVSTAR」:バイクに着想を得たデザイン、?本的意匠を彷彿させる独特な質感、プレイヤーの個性を輝かせるパワフルかつ繊細なサウンド。ヤマハギター50 年の歴史が詰まったエレキギター。

「04GEN 」:“RUN-WAY”をコンセプトに、心と身体を磨き、気高い品位を感じさせる女性をイメージしてデザインされた、スクーターのコンセプトモデル。日本初披露。

「06GEN」:“動く縁側”をコンセプトに、低速走行だからこそ実現できる構造と柔らかで開放的な空間で人や環境になじむ形を提案する、電動4輪モビリティのコンセプトモデル。

ヤマハ発動機の市販モデル「BOLT C-Spec」「XSR900」も展示。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。