中須賀克行

今年の鈴鹿8耐で見せた見事な2連覇達成の立役者である一方、全日本ロードレース選手権の最高峰・JSB1000クラスでは4連覇中、今ノリにノッている中須賀克行。ヤマハのMotoGPマシンの開発ライダーも務める彼が10月16日(日)、ツインリンクもてぎで開催される「2016 FIM MotoGP世界選手権シリーズ 第15戦 MOTUL 日本グランプリ」に今年もワイルドカードで参戦する。

中須賀の参戦の目的は昨年同様、実戦を通じてMotoGPマシン「YZR-M1」の開発評価を行うこと。また、国内 No.1 ライダーである彼を加えた5人のヤマハ・ライダーとともに日本グランプリを盛上げ、モータースポーツと二輪車の魅力をより多くの人々に届けることも担う。

中須賀の日本GP(MotoGPクラス)出場は2012年から5年連続。MotoGPクラスへの出場は、2位表彰台を獲得した2012年の第18戦バレンシアGPなどを含め通算7回目となる。

中須賀克行のコメント
「昨年は、日本グランプリでの自己ベストを更新し、決勝でもシングルフィニッシュ(8位)するなど、 YZR-M1 も自分自身も進化していることを証明できました。今回も引き続き、開発評価という役割を担っての出場になりますが、世界最高峰のライダーとマシンを相手にどこまで戦えるか、年に一度の腕試しとして、全力でチャレンジします。昨年の日本グランプリでは、鈴鹿8耐で組んだエスパルガロ選手、スミス選手とバトルできましたが、今年も彼らと同じ位置でバトルすることが目標。ファンの皆さん、ぜひ、会場に来て応援してください。そして一緒に日本グランプリを盛上げましょう」

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。