13回目を迎えた「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN」が8月27日・28日の2日間、Hakuba 47Mountain Sports Park(長野県北安曇郡白馬村)にて開催された。BMW Motorradのオーナーのみならずバイク・ファンが集い、交流を深め、モーターサイクルの楽しさに触れることができるイベントだ。

1日目は前日より雨が降り続いていたが、マティー・グリフィンによるスタントライディングショーで会場の熱気が一気に上昇。さらに参加者は夜のミュージックライブパーティーでバーベキューや酒、バンド・Beauties make you Wild (BMW)による音楽を心ゆくまで愉しんだ。

天候に恵まれた2日目は毎年恒例となっている「ヒルクライムコンテスト」を実施。20人の猛者が初日の疲れを全く感じさせない軽やかな走りで場内を湧かせた。

今年は初の試みとして 「BMW Motorrad Individualizing Contest 2016(インディビジュアライジング・コンテスト)」を実施。“普通二輪免許で運転できるBMW ”として近日発売予定「G310R」のカスタム車両が初公開され注目を集めた。

また、今回の「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN」は新たに9のコンテンツが追加され、子どもやライダー以外の来場者も楽しめるイベントとなった。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。