“L”の後継者・竜崎を演じる池松壮亮。©大場つぐみ・小畑健/集英社 c2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

新作「デスノート Light up the NEW world」は10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他、全国拡大ロードショー2003年、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって週刊少年ジャンプに読み切りが掲載され、同年12月から2006年5月まで連載された伝説的コミック「デスノート」。10年以上を経た現在も世代を超えて読み継がれ、累計発行部数3000万部を誇る大ヒット・カリスマコミックである。
その実写映画が2006年に「DEATH NOTE」「DEATH NOTE the Last name」と前・後編の二部作で公開されたが、10年目となる今年、正当な続編となる新作「デスノート Light up the NEW world」(配給:ワーナー・ブラザース映画)が10月19日(土)から公開となる。監督は佐藤信介。
その劇中、重要な人物として池松壮亮演じる“L”の後継者・竜崎の愛車としてドゥカティ・ディアベルが様々なシーンに登場。他、新作には東出昌大、菅田将暉、川栄李奈、戸田恵梨香、中村獅童、船越英一郎らが出演。お楽しみあれ!
ちなみに「ディアベル」の名は、 ドゥカティ本社があるイタリア・ボローニャの“悪魔”を意味する方言から命名されたもの。開発初期段階のプロトタイプがドゥカティ設計陣の前に初めて姿を現わした時、開発者の一人が後方からのシルエットを見て「Ignurant comm’ al diavel!(悪魔だ、まるで悪魔みたいだ!)」と思わず発したことに由来しているという。http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/(公式サイト)


Ducati Diavel

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。