パリダカへの参戦やエベレスト登攀、北南極点到達といった偉業を達成、最近では「SSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)」 や「MFJ東北復興応援ツーリング」などのプロデュースでもお馴染み、ラリーストであり冒険ツーリングライダーである風間深志氏。

山梨県観光大使である氏のキャラクターを活かし、観光振興の一助を担うことを目的とし、同時に「オートバイの魅力と可能性を伝え、さらには人々に夢と勇気を与えることができれば」 と、山梨県と埼玉県の県境を走る雁坂トンネル近く「道の駅みとみ」で、氏が冒険で使用した歴代バイクの展示が昨年より行われている。

現在、1991年のプレランで使用した「SEROW」と、翌1992年に南極点に到達した「OU07」の2台を展示中。使用したヘルメットやブーツなどの装備、遠征の様子を伝える写真や説明パネルなど立体的な展示内容となっている。

ヤマハTWをベースとする OU07は、エンジンをトライアルバイク・TY用の2ストロークに換装。とても静かなことから“ウィスパーダンサー”と呼ばれている。

道の駅みとみ

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。