「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の中須賀克之は鈴鹿8耐連覇を狙う(写真のマシンは2016年全日本JSB1000仕様)。

7月31日(日)に決勝レースが行われる「2016 FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第39回大会」 、通称・鈴鹿8耐。優勝候補とされる各有力チームより参戦体制が発表されている。

ヤマハは今年、ファクトリー体制で2チームが参戦。昨年の鈴鹿8耐を制した「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からは、全日本ロードレースの最高峰・JSB1000クラスで4連覇中の中須賀克行、MotoGP ライダーのポル・エスパルガロ、そして今年から活動を再開したスーパーバイク世界選手権で活躍するアレックス・ローズが出場。 監督は全日本のファクトリーチームで指揮を執る吉川和多留が務める。

一方、マンディ・カインツ監督が率いる「YART Yamaha Official EWC Team」は、同チームのレギュラーライダーの1人として世界耐久選手権シリーズに参戦するブロック・パークスに加え、全日本JSB1000でヤマハの若手育成チームから戦う野左根航汰、藤田拓哉を起用する。


ヤマハ若手育成チームの野左根航汰、藤田拓哉は世界耐久参戦チーム「YART Yamaha Official EWC Team」から出場。

全日本ロードレース選手権にJSB1000とJ-GP2の2クラスに参戦、加賀山就臣率いる「Team KAGAYAMA」。2013年に伝説のライダーであるケビン・シュワンツを起用して話題を提供して以来、鈴鹿8耐には毎年出場している。今年はチームオーナーであり、JSB1000クラスに参戦する加賀山、今年から英国スーパーバイク選手権をBennetts SUZUKI (Halsall Racing Team)からスズキのマシンで戦う清成龍一に加え、第3ライダーには同チームでJ-GP2クラス開幕3連勝の21歳、浦本修充を起用。4年連続表彰台の獲得、そして頂点を目指す。


「Team KAGAYAMA」の加賀山就臣と清成龍一。鈴鹿8耐優勝経験者だ。

「Team KAGAYAMA」のマシンはスズキGSX-R1000 L6 YOSHIMURA Tune UP(写真は2016年全日本JSB1000仕様。鈴鹿8耐ではゼッケン♯17に)。

ホンダ系の主なチームの参戦体制も明らかとなった。昨年2位を獲得した「F.C.C. TSR Honda」は、今季世界耐久選手権シリーズ第1戦ル・マン24時間耐久ロードレースで3位表彰台を獲得し、現在、全日本JSB1000クラスに参戦中の渡辺一馬、スーパースポーツ世界選手権で活躍中のパトリック・ジェイコブセン、3年連続で鈴鹿8耐参戦となるロードレース世界選手権シリーズMoto2クラス参戦中のドミニク・エガーターをチームに迎え、優勝を狙う。

「F.C.C. TSR Honda」の渡辺一馬/パトリック・ジェイコブセン/ドミニク・エガーター。

「MuSASHi RT HARC-PRO.」は、JSB1000に参戦中の高橋巧と、スーパーバイク世界選手権で活躍中のマイケル・ファン・デル・マークという鈴鹿8耐2連覇(2013年・2014年)を達成した2人を昨年に引き続き起用。さらに13年ぶりの参戦となる、2006年MotoGPチャンピオンのニッキー・ヘイデンを迎え、2年ぶりの優勝を目指す。

「MuSASHi RT HARC-PRO.」の高橋巧/マイケル・ファン・デル・マーク/ニッキー・ヘイデン。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。