「SixONy」ナノ膜コーティング技術によるエキゾーストパイプ採用の「MT-09 TRACER」

5月31日から6月2日まで、ドイツ・シュツットガルトで開催された「O&S国際表面処理コーティング専門見本市」にて、ヤマハ発動機は独自の技術である「SixONy(シクソニィ)」の技術展示を行なった。

SixONyは、厚さ数十ナノメートルの膜(Nano-Film)で構成されるアモルファス構造の酸窒化ケイ素(SiOxNy)セラミックス膜に由来する造語。700℃までの耐熱性、優れた耐食性、酸素・水分・塩素等に対する優れたバリア効果、金/青/桃/紫等多彩な発色、耐熱性の高い無色透明・絶縁膜などを特徴とする表面処理技術だ。

ヤマハの製品ではMT-09シリーズのエキゾーストパイプに、他社ではカクテルシェーカーなどに採用されている。

金属やプラスチック、ガラスへの表面処理技術や塗装、プラズマベース表面処理などの最新技術が紹介された今回の見本市には欧米を中心に世界30 ヵ国以上から300 以上の団体と法人が参加。その多くは自動車から日用品まで多くの工業製品に適用できる可能性を備えることから、製造業関係者に加え、商品企画に携わる多くの技術者から注目を集めており、ヤマハはSixONyの技術と実例を紹介し、多分野への汎用性・発展性のアピールしている。


「SixONy」ナノ膜コーティング技術による他社製市販カクテルシェーカー

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。