全日本トライアル国際A級スーパークラスのチャンピオン、小川友幸選手によるデモンストレーション。

4月27日、群馬県板倉町にある東洋大学・板倉キャンパスにおいて「第1回モーターサイクルカレッジ2016」が開催された。このイベント、主催はキャンパス内にある「板倉図書館」によるもの。これまでも様々なイベントの主催に取り組んでいた同図書館だが、「大学という教育の場において、オートバイへの興味や理解を深め、マナーやルールを守り、楽しく安全に二輪に乗るという早期の交通安全教育の実現を目指す」ことを目的に、バイク愛好家である図書館スタッフらの活動によって今回、実現となったという。


参加者はプロのインストラクターによる“本格”指導で、1時間みっちりとライディングの基本を学ぶことができた。
東洋大学の学生はもちろん、一般参加もOKというモーターサイクルカレッジ、図書館前の広場ではブース出展が行なわれた他、広大な敷地という利点を活かし、プロのインストラクターを招いて本格指導を行なうライディングスクールを実施。参加費無料ながら1回1時間の濃密な時間の中でバイクの特性を知り、参加者達は苦手意識を克服していた。

お昼休みには図書館前の広場にて、全日本チャンピオン・小川友幸選手のトライアル・デモンストレーションを実施。小川選手にとって大学構内で“技”を披露するのは初めてとのことだが、大学生、とくに女子にとってもバイクが飛んだり自在に操られているアクロバティックな姿を見るのは初めての様子で、目を丸くして楽しんでいた。

図書館前の広場ではブース出展が行なわれた。


モータージャーナリスト・小林ゆきさんによるトークイベント。
イベントの締めくくりは主催である板倉図書館内でモータージャーナリストの小林ゆきさんを招き、「本で旅するマン島TTレース」をテーマに、トークイベントを実施。通い続けて20年、マン島TTに精通している彼女から、思わず“へぇ~!”と思わせる知られざるお話も聞くことができた。
今回のイベントは第1回ということもあり試験的要素も含まれていたようだが、第2回以降の発展に期待したい。