4月23日(土)・24日(日)、ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)で開催された「2016 FIMトライアル世界選手権 第2戦 ストライダー日本グランプリ」。土曜日、日曜日それぞれで決勝が行なわれ、結果は1日目がアダム・ラガ(TRS)、2日目は右腕靭帯を負傷し本調子ではないものの、トライアル世界選手権で前人未踏記録更新の10連覇を目指すトニー・ボウ(レプソル・ホンダ・チーム)が優勝を果たす。

一方、2日目に世界選手権300戦を迎えた日本人初のトライアル世界チャンピオン(2004年)、“フジガス”こと藤波貴久(レプソル・ホンダ・チーム)。今年は体重を6kg絞り、万全の体制で挑んだ開幕戦は自分へプレッシャーをかけすぎたため不本意な結果に終わったが、僅か2週間で新たに自分を鍛え直した地元での戦いは、両日共に3位表彰台を獲得する活躍を見せた。

藤波貴久のコメント(2日目)
「300戦目の世界選手権を3位表彰台で飾れて、たいへんうれしいです。本当にすばらしい日本GPになりました。昨日と同じ3位ですが、今日はアダム・ラガ選手と2位争いをした結果の3位ですので、昨日とはまた別の戦いだったと思います。今日はフジガス本来の走りが戻ってきたなと実感しました。お客さん、ファンの皆さん、スポンサー、チーム、すべての皆さんのおかげで今日のフジガスがあります。ほんとうにありがとうございます。皆さんに感謝です」

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。