ホルヘ・ロレンソ(2位を獲得した第3戦アメリカズGPにて)

ロードレースの世界最高峰・MotoGPで3度のワールドタイトル(2010・2012・2015年)を獲得しているスペイン出身のライダー、Movistar Yamaha MotoGPのホルヘ・ロレンソが、かねてより噂のあったドゥカティ・チームへ移籍、デスモセディチGPを駆り2017年および2018年シーズンを戦うことになった。ドゥカティとヤマハがほぼ同時にリリースを発信している。

MotoGPクラスへのステップアップを果たした2008年にヤマハに加入したロレンソは、2016年シーズンの3戦終了時点で141のレースで41勝と99回の表彰台を獲得。

来シーズンは別の道を進むことになったヤマハは「当社に多くの成功をもたらした、ロレンソ選手の貢献に深く感謝するとともに、新たな挑戦の成功を祈ります。9回目のシーズンとなる2016 年は、4回目のMotoGP タイトル獲得に向け、今まで以上にすばらしい時間を共有できるようMovistar Yamaha MotoGPとして両ライダーを全力でサポートを続けてまいります」とコメントを発表した。

尚、チームメイトのバレンティーノ・ロッシは既にヤマハと2017年から2年間の契約更新で合意。ロレンソが抜けた後にシートに座るライダー含め、2017・2018年 シーズンにおけるMovistar Yamaha MotoGPの体制については決定次第、発表するという。


開幕戦カタールGPではポールポジションから優勝。2008年より共に戦ってきた愛機・YZR-M1とは今シーズン限りに。