(左より)浦本修充、加賀山就臣、武田雄一

鈴鹿8耐でのサプライズでお馴染み、スズキのマシン一筋で戦う“ゆっき~”こと加賀山就臣(ゆきお)率いるTeam KAGAYAMA。チーム結成6年目を迎える2016年シーズン、MFJ全日本ロードレース選手権には最高峰のJSB1000クラス、そしてJ-GP2クラスへ参戦する。

JSB1000クラスにはチーム代表の加賀山が継続参戦。マシンをより熟成させ、勝利だけではなく、悲願のタイトルを目指す。フル参戦2年目となるJ-GP2クラスにはハルクプロから移籍の浦本修充(なおみち)を起用。本人、そしてチームとしても初となる年間タイトル獲得へ挑む。

JSB1000ライダー 加賀山就臣のコメント
「Team KAGAYAMAを2011年に立ち上げ、今年で6年目のシーズンを皆様のおかげで迎える事が出来ました。過去最高のシーズンにするべく、レーシングライダーとして、チームオーナーとして全力で戦っていきます。若手の修充選手がどこまで行けるか楽しみです。しっかりと見守って行きたいと思います。2016年 もTeamKAGAYAMAへの応援をよろしくお願いします」

J-GP2ライダー 浦本修充のコメント
「今年から心機一転でチームを移籍してTeam KAGAYAMAで走らせていただくことになりました。初めてのチーム、バイク、久し振りのダンロップタイヤですが、自分自身どれだけポテンシャルを引き出せるかすごく楽しみです。加賀山さん、武田さんから色々学ばせていただき、チーム一丸となり最高の結果を残せるように全身全霊をかけて一戦一戦、戦いたいと思います」

J-GP2アドバイザー 武田雄一のコメント
「今年も引き続き、開発テストをメインに行い、加賀山選手だけでなく、チーム全体のサポート、そして新たにチームに加わってくれた浦本選手のアドバイザーとして彼の持つ力を最大限に引出し、両クラスチャンピオン獲得という目標に向けて頑張ります」

Team KAGAYAMA