NAVI

世界最大の二輪車市場であるインド。ホンダにとっても急成長中の同国市場は2015年の世界生産の中で最も規模が大きく、とても重要な市場と考えている。第四工場となるグジャラートの二輪車工場が稼働を開始すると生産能力の拡大により、二輪車の販売台数は初めて500万台を突破するという。

そんなインドのニューデリー近郊で開催された「第13回デリーオートエキスポ2016」にて、ホンダのインドにおける二輪車生産販売会社であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッド(HMSI)がニューモデルを発表。中でも目を引いたのは「NAVI」だ。

一瞬「エンジンはどこ!?」と思ってしまうNAVI、アンダーボーンのスクーターの車体にGROM(海外名:MSX125)のデザインに似た外装を装着する“新感覚”二輪車で、「FUN TO SEE」をデザインコンセプトにインドの若者向けに開発。オートマチックの110ccエンジンを搭載、走る楽しさと扱いやすさを追求し、インド市場に新たなジャンルを提案するという。 HMSIの村松慶太社長は「NAVIと出会うインドの若者たちは、今までにない二輪ライフを楽しめると思います」と コメントを残す。

他、会場には2016年モデルとして「CB Unicorn(ユニコーン)160」「Dream Neo」「CD 110 Dream Deluxe」「Dio」の4車種が展示された。

また、 ホンダは1000ccのアドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」をインドで生産・販売することを発表。インドでの大型二輪車の生産・販売は「CBR650F」に続き第2弾となる。