2015年12月21日、イギリスにおいて世界で初めて納車されたRC213V-S とジョン・ブラウン氏

2015年7月13日より世界同時に商談受付が開始された“夢のバイク”、ホンダ「RC213V-S」の納車が12月21日、イギリスにあるホンダモーターヨーロッパのレース活動拠点にて行なわれた。

世界で初めてRC213V-Sのオーナーになったのは、イギリス・マンチェスター市にあるホンダの二輪販売店オーナー社長であるジョン・ブラウン氏。ブラウン氏のRC213V-Sは「VFR750R(RC30)」「VTR1000SP-1」「VTR1000SP-2」「CBR900RR Fireblade」「VF1000F」 といったホンダの名車が揃う彼のコレクションに追加されることとなる。

RC213V-S は世界最高峰のロードレース・MotoGPを戦うホンダの純レーシングマシン・RC213Vに公道を走るための装備を施した、一般ユーザーが所有し運転できるバイク。日本での車両価格は税込2190万円 (ヨーロッパでは税込18万8000ユーロ)となっている。

ホンダの熊本製作所で一台一台手作業によって生産されており、今後も欧州、米国、豪州、そして日本で順次納車を予定。イギリスでは同拠点にて専属のテクニカルスタッフによって車両の納車・サービスが行われるという。

ジョン・ブラウン氏のコメント

「初めてこのプロジェクトを知った時、私は絶対RC213V-Sを買わなければいけないと決めました。HRCのレース活動の歴史の一部が手に入るなんて、これ以上のチャンスはありません。申込受付が開始されたと同時にWebサイトで登録し、オーダーが受理された通知を受けた時は、本当に特別な日となりました。私は17歳の時に家族が経営する販売店に入社して以来、ずっとHondaディーラーとして活動してきました。イギリスでは長年トップ3に入り続けています。今回のマシンは、私のバイクコレクションの素晴らしい一つとなります。私の夢を叶えてくれたHondaに感謝します」

本田技研工業 鈴木哲夫 執行役員のコメント

「ジョン氏のように特にHonda製品に情熱を持っている方へ、世界で最初にRC213V-Sをお届けすることができて、本当にうれしく思っています。開発では、RC213V-SをMotoGPマシンに限りなく近づけるように努力を続けてきましたので、お客様がワークスマシンの『RC213V』に乗っているようなライディングエクスペリエンスを味わっていただけると思います。ぜひコレクションにしたいという要望や、早く乗りたいというご意見など、市場からは大変大きな反響をいただいています」

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。