同じ二輪車でもロードレースとはまた違った迫力が魅力のオートレース。1周500mのオーバルコースで様々な駆け引きやドラマが展開されるオートレース場は現在6ヶ所(最も歴史のある「船橋オートレース場」は2016年3月31日に残念ながら廃止が決定)存在するが、観客収容人数44,000人という全国最大規模を誇る「川口オートレース場」が新規ファンの獲得やオートレースの魅力をさらに提供するため、1号館特別観覧席をリニューアル、12月8日にオープンとなった。
公募によって命名された「ホールショット」の通り、レースの中でも最初に盛り上がる場所である第1コーナー正面にある1号館特別観覧席(総座席数229)には、インターネット席やグループ席などを用意。さらにVIP席ではコンシェルジュによる上質な空間とサービスが提供される。また、キャッシュレス投票が採用され、投票もスピードアップ化。利便性の向上も図られた。

新しく生まれ変わった1号館特別観覧席「ホールショット」の様子はご覧の通り。

料金は2,000円(ライジングシート。70歳以上)からSG開催時の6,000円(VIP個室)、カップルシートやグループ席(1人あたり)は4,000円(2,000円)~SG開催時の20,000円(2,500円)。VIPラウンジおよびVIP個室には食事代(1食分)も含まれる。


オートレースではロードレースやモトクロスのチャンピオン経験者も活躍中だ。
VIPラウンジおよびVIP個室は食事(1食分)も。

1号館特別観覧席・ホールショットの紹介動画はコチラ(1分) | (5分)

ホールショット特設ホームページ
オートレースオフィシャル ホームページ