サングラスなどのアイウェアでお馴染みのコンセプトブランド「イタリア インディペンデント」と「ドゥカティ」によるコラボレーション製品が、アメリカ・フロリダ州のマイアミで開催された現代アートフェア「Art Basel」にて発表された。

3年契約となる両社のコラボでは、創造力に溢れた“メイド・イン・イタリー”スタイルの革新的な製品を共同開発。その第1弾となったのが「ドゥカティ スクランブラー イタリア インディペンデント」と特別なサングラス・コレクションだ。
注目はスクランブラーをベースに、カフェ・レーサーの世界にインスピレーションを得たという両ブランドのクリエイティブ・チームによって共同開発された「ドゥカティ スクランブラー イタリア インディペンデント」。

特徴は、ハンドメイドによる専用コンポーネントとしてブラシ仕上げのシリンダーヘッド・フィンと目視可能な機械加工が施されたブラック・エンジン、テルミニョーニ ・サイレンサー付きブラック・フルエグゾースト・ユニット、可変セクション付きロー・ハンドルバーとバーエンドに装着されたアルミニウム製ミラーなど。ショート・フロント・マッドガード、ノーズ・フェアリング、フレーム、ホイールは“ナイト・コッパー”と呼ばれる専用カラーに塗装される。

また、限定バージョンをさらに際立たせるアイテムとしてシートに施されたナイト・コッパーのステッチ、そしてイタリアインディペンデントのロゴ刺繍もポイント。
尚「ドゥカティ スクランブラー イタリア インディペンデント」は1,077台が限定生産され、各ユニットのシリアルナンバーがレーザー刻印されたアルミプレートが装着される。