ドライ路面のグリップ力と軽快なハンドリング性能を追求、ライダーに走る楽しさを貢献するブリヂストンの二輪車用スポーツラジアルタイヤ「BATTLAX HYPERSPORT S21」 (バトラックス ハイパースポーツ エスニイイチ)の合計10サイズが2016年2月より発売される。

フロントタイヤの新形状、新コンパウンドの採用により、従来モデル・BATTLAX HYPERSPORT S20EVO に対しコーナリング性能の向上を果たした、ストリートからサーキットまで幅広いシチュエーションに対応するスポーツタイヤの最新版となる。

最大のポイントは、世界最高峰のバイクレース・MotoGP用タイヤの開発でも活用してきた技術「ULTIMAT EYE」(アルティメット アイ)を初めて一般公道走行向け二輪車用タイヤに適用したこと。ULTIMAT EYEとは、タイヤの接地面挙動を計測・予測・可視化するブリヂストン独自のタイヤ開発技術で 、従来の実車テストに加え、科学的な根拠に基づく精度の高い解析や性能確認を行うことができ、タイヤの更なる性能の向上を図ることができるというもの。尚、この計測・解析を行う試験機は時速400km、バンク角60度まで対応可能だという。

ちなみにリアタイヤはULTIMAT EYEが活用されたことで、これまでの解析技術では見えていなかった接地面におけるタイヤが路面を滑る挙動を詳細に把握することが可能となり、滑り域を大幅に減少させる事に成功。それにより摩耗が減少し、約30%の摩耗ライフ向上を実現している。

●BATTLAX HYPERSPORT S21サイズ
フロント用
110/70ZR17M/C (54W)
120/60ZR17M/C (55W)
120/70ZR17M/C (58W)
130/70ZR16M/C (61W)

リア用
150/60ZR17M/C (66W)
160/60ZR17M/C (69W)
180/55ZR17M/C (73W)
190/50ZR17M/C (73W)
190/55ZR17M/C (75W)
200/55ZR17M/C (78W)

形状変更による接地長の変化

新コンパウンドの採用箇所

新コンパウンドの路面凹凸接地イメージ


リアタイヤの構造設計にULTIMAT EYEを活用することで滑り域を大幅に減少させる事に成功。摩耗が減少し、約30%の摩耗ライフ向上を実現した。

ブリヂストン