2015年、大きく進化を果たし注目を集めた新型ムルティストラーダ。同車は「ドゥカティ・ムルティストラーダ・リンク・アプリ」を使用することで、これまで以上にインターネットとの接続性を高めた先進のライディング体験ができるドゥカティ初のモーターサイクルとなった。

現在、iOS向けとして提供。バンク角やエンジン・パワー、速度の最大値他、ツーリング情報などが表示される。

現在、iOS向け(近々Androidにも対応予定)として提供される ムルティストラーダ・リンクは、走行に関する情報、ルートなどを記録・表示し、ユーザーがそのツーリング体験をソーシャル・メディア上でシェアできるというもの。

Bluetoothを介して走行前、走行中、走行後のデータを車両から収集しており、マシンの状態(燃料レベル、ライディングモードの使用率、走行距離)をチェックしてアップデートしたり、過去のツーリングや走行ルートに関する詳細情報を含んだログを記憶させたりすることを可能としている。

また、走行中の最大バンク角を記録し、リアルタイムおよび直前のコーナーでのバンク角を表示。走行後は地図上のどこの場所で最大バンク角が達成されたのかをチェックできる他、エンジン・パワーや走行速度の最大値、平均値などの表示も可能に。

走行終了後はツーリングに関するすべてのデータと情報を保存、合計走行距離や各トリップ距離、記録されたルートの数やそれまでの燃料消費量といった情報をユーザーが任意でアップデートでき、これらの情報を友人とシェアすることもできるという。

ドゥカティ・ムルティストラーダ・リンク(英語)